HOME > NLPワーク 体験記 > DAY7~DAY8 > 心のカタチの作られ方 – ニューロ・ロジカル・レベル

NLPワーク 体験記

心のカタチの作られ方 – ニューロ・ロジカル・レベル

NLP講座の8日目で勉強した内容です。


NLPのテクニックの中に、ニューロ・ロジカル・レベルというものが、あるのをご存知ですか?


NLPの本でも書かれていることが多いので、ご存知の方も多いことと思いますが、
本当の意味でのニューロ・ロジカル・レベルを理解している人は少ないのではないでしょうか。
わたし自身も、NLP講座でその事を勉強するまでは、そうでしたから。


といいますか、本に書かれているニューロ・ロジカル・レベルだけでは、
基本的な知識しかはいってきません。知識のみなんです。


実際に、どのようにNLPのニューロ・ロジカル・レベルを使うのかは
わからないことが多いかと思います。



●ニューロ・ロジカル・レベルとは?
ニューロ・ロジカル・レベルとは、人の人格を6つのレベルに分けたものの事を言います。

ニューロ・ロジカル・レベルの6つのレベルを理解するだけで、
自分自身の信念だったり、価値観がわかってくるのです。

その6つのレベルとは、以下の事を指します。


  • スピリチュアル
  • 自己認識
  • 信念・価値観
  • 能力
  • 行動
  • 環境


この6つの価値観から自分の事がわかってきます。


大きく分けて、人間の価値観は、この6つから出来ていると言います。
ですから、この6つのニューロ・ロジカル・レベルを定義することで、
現在のご自身の立ち位置がわかってくる
と言います。


同時にいえることですが、もしも現在の自分の状況を変えたいと思ったときにも、
NLPのニューロ・ロジカル・レベルを使うことができます。


例えば、ニューロ・ロジカル・レベルの環境を変えるだけでも違います。

NLPの先生が言っていたことは、住む所を変えることも、
NLPのニューロ・ロジカル・レベルの変化になりますし、
電車を変える事もNLPのニューロ・ロジカル・レベルの変化にもなります。

そのことが、自分の心全体の変化にも繋がってくるんですね。


わたしも、あえて環境を変えることを行っています。
例えば、普段は行かない街に行ってみることも、
NLPのニューロ・ロジカル・レベルを変化させることが出来ると思います。


自分が知らない街に行くと、自分が変わったような感覚になりますよ♪


NLPのニューロ・ロジカル・レベルを使ってみたい方はぜひ試してみてください。
これだけでも、変化を感じることが出来ると思います。