HOME > NLPワーク 体験記 > DAY5~DAY6 > 目標達成のイメージをつかむ – チェインプロセス

NLPワーク 体験記

DAY5~DAY6

目標達成のイメージをつかむ – チェインプロセス

NLP講座の6日目で勉強した内容です。


NLP講座で、特に印象に残っていることは、これから紹介するNLPの手法です。
その手法とは、チェイン・プロセスと呼ばれています。


このNLPのテクニックは、簡単なんですが、とても効果的なものであると思いました。


そして、実際にわたしの知り合いは、チェイン・プロセスの時に設定したことが、
現実として起こっていると言っていました。


そういった意味で、これから紹介するNLPのテクニックは、
かなり使いこなす事ができるNLPのテクニック
であると思いますよ。


文章では、うまくニュアンス伝えることができないのが、残念なところですが、
わたしがチェインプロセスをしたことで、わかったことを書きます。



チェインプロセスで目標達成
NLPのアウトカムをNLP講座の初日で学んだと書きましたが、そのアウトカムを
さらに発展させたものが、NLPのチェインプロセスである
といってもいいと思います。


例えば、NLPのチェインプロセスでは、3つの目標の地点を設定します。


そして、そのそれぞれの地点で目標のイメージを行います。
その際には、NLPのVAKモデルを使って、イメージを膨らませます。


例えば、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後のイメージをVAKモデルを使って、
膨らませるという事を行うのです。


1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後のイメージを鮮明にしていくと、
現在やるべきことが分かってくるようになってくるのです。


そうすると、その間に行うべきことが見えてきます。


あとは、点と点を線でつなげばいいだけですから、その辺りのことが、
見えてくるようになってくるんですよね。



チェインプロセスのさらなる効果


目標達成のためのイメージが十分にできていると、
その為に必要なことがわかるようになってきます。



さらにビックリしたことは、自分の身体が勝手に動くようになるという事ですね。
その事も自分の中で大きな変化でした。


無意識レベルでの行動も変わってきているのだと思いました。
NLPのチェインプロセスで、目標が現実になることを実感できると思いますよ♪