HOME > NLPワーク 体験記 > DAY3~DAY4 > 五感を使って情報を得る – VAKモデル(代表システム)

NLPワーク 体験記

DAY3~DAY4

五感を使って情報を得る – VAKモデル(代表システム)

自分がどのようにして、外の世界の情報を得ていると思いますか?
その答えを、NLPジャパンさんのNLP講座の中で学びました。

実は、人は五感を使って、情報を得ているようなのです。


人の五感は、以下の5つのことを指します。

  • 視覚
  • 聴覚
  • 触覚
  • 味覚
  • 嗅覚

この5つが人間の五感ですが、NLPでは、この5つを3つに分けて、さらにわかりやすくします。


その五感を3つに分けたものは、以下のとおりです。

  • 視覚
  • 聴覚
  • 身体感覚(触覚、味覚、嗅覚)

そして、この3つに分けた感覚の事を、VAKモデル(代表システム)と言います。


NLP講座では、実際に習った内容を使うために、NLPワークを行うのですが、
そのときにVAKモデル(代表システム)をかなり多く使います。


ですから、VAKモデル(代表システム)は、NLP講座を受講される方は、
ワークごとに使うことになります。


五感の感覚が強い人は、NLPワークでもいい経験をすることができると思います。
NLPのワークは五感を使って、イメージを働かせるものがほとんどですから。


VAKモデル(代表システム)の一つの使い方
VAKモデル(代表システム)は、セラピーの世界で使われる事があります。


NLP講座で知った事なのですが、人は物事を認識するときには、
自分の感覚(VAKモデル)を使って、勝手に解釈をしてしまう
ことがあるようなのです。


ですから、楽しい気分の時のVAKモデルや、つらい気分の時のVAKモデルなどの、
色々な精神状態があると思うのですが、その感情に応じて、
使っている五感の感覚は違うようなのです。


例えば、とても簡単な例ですが、楽しい時には、世界がカラフルに見える気がします。
しかし、逆に辛いときには、世界がモノクロに見えて暗く見えるのではないでしょうか。


もしかすると、セピア色のような印象を受けるかもしれません。
この感覚分かりますか??


この感覚を理解して頂ける方は、このような事を行ってみると面白いと思いますよ。


例えば、視覚情報がカラフルだった時が楽しい、モノクロだった時には辛い、
という事があったとしたら、モノクロの辛い体験をさらにモノクロを強めるのです。


例えば、嫌な記憶があったとしたら、その記憶をモノクロに変化させて、
最終的には真っ黒にしてしまいます。
そして、最後には何も見えない状態にしてしまう事もできます。

そうすると、その記憶が真っ暗になってしまい、
思い出すことができなくなってしまうのです。


この手法は、恐怖症の治療の現場で使われているもののようで、
かなり即効性があるNLPのワークです。


面白いと思いませんか~(*^_^*)


セラピーを行ってる人にしてみると、当たり前の事だと思いますが、
NLP講座に参加してみると、その感覚を知ることができると思います。