HOME > NLPテクニック講座 > 自己重要感を満たすNLP

NLPテクニック講座

自己重要感を満たすNLP



人の心を満たすことは、相手の心にスイッチをいれることです。


「仕事ごころにスイッチを!」という書籍があります。
小阪裕司先生が書いた唯一のマネジメント本です。


その中に、次のような言葉が存在します。
「精神的な健康度」。精神的な健康度が高い人は、自発的に動く。
完全な言葉を再現はできません。ニュアンスはお伝え出来ます。


心にスイッチも入っている状態。その時、人は根源的な力を発揮する。
つまり、マネージャーの仕事は、部下の心にスイッチを入れることが重要です。
本人の自発性・可能性を引き出すのは、精神的な健康度を高めるのが一番です。



部下だけでなく、関わる人の精神的な健康度を上げましょう。
その為に、ん「ねぎらう」ことを小阪裕司先生は推奨しています。
NLP講座では「自己重要感」を満たすことを学びます。


自己重要感を満たすとは、ねぎらいであり、相手の精神的健康度を高めます。
NLP講座では、自己重要感を満たすことを相手の心を満たすと教えてます。


自己重要感を満たすことを意識している人は多くありません。
自己重要感を満たすことで、相手の心にスイッチが入り、動機が生まれます。
自己重要感を満たすが後満たされる側の人間関係は良好になります。


NLP講座では、信頼関係を更に深めることにつながると教えています。



けれど、慣れていないと恥ずかしく思う方も多いです。
ねぎらいの一言を言えないという方も少なくありません。


人をねぎらうのは慣れです。
NLP講座では、人の自己重要感を高めるワークを行ないます。
最初は照れていても、一回やると多くの方はすぐに慣れます。


慣れたら、いろいろな人の心を満たしましょう。
人の心が満たされた時、その人の気持と行動がどのように変化するか?
是非、実感して下さい。


NLP講座を通して、人をねぎらう・心を満たすコミュニケーションを取るようになる。
その結果、相手の可能性を高め・人間関係をより良くし・仕事の成果が高まります。
意識的に、自己重要感を満たしましょう。