HOME > NLPテクニック講座 > 具体的なやり取りをできるメタモデル

NLPテクニック講座

具体的なやり取りをできるメタモデル



相手を具体的に知ることができる。
自分の考えを具体的に伝えることができる。


もし、そんなことが出来たらいかがですか?



NLP講座で具体的に学びます。
曖昧な情報を具体的にすることで見えてくるものがあります。


・人の気持ち
・具体的な解決策
・進む方向性
・共通の認識
・自分のもやもやした気持ちの理由




ただでさえ、人の気持ちや感情は見えません。
それを言葉にしてもらっても、曖昧なことがほとんどです。
人によって、同じ言葉を使っていても意味が違います。


あなたにとっての「それ」と、部下の「それ」は違います。
曖昧な言葉を曖昧なままにすると、共通の認識を持てません。
それが、コミュニケーションのスレ違い・勘違いを生み出しています。



しかし、曖昧な言葉を具体的にしていくだけで、共通の認識を持つことができます。
お互いに、認識する意味の違う言葉を確認し合い、合わせることができます。
曖昧な言葉を具体的にするための言葉の使い方を学べたらいいですね。




NLP講座では、メタモデルという言葉のすきる・質問のスキルを学びます。



NLP講座でメタモデルを学ぶと、こんな特に使えます。
まずは、共通の認識を持つことができます。


・お互いに具体的に知ることで、理解・信頼関係を育む
・共通認識をもつことで、コミュニケーションのスレ違いを防ぎ、誤解を解く
・部下の話を具体的に聞くことで、マネジメントしやすくなる
・自分の思考を具体的にすることで、具体的なアイデア・アクションを取ることができる
・お客様の思考・気持ちを具体的に知ることで、動機づけることができる



それらを可能にする、言葉のスキルがNLPのメタモデルです。
NLP講座の中で学びます。最初は難しく感じるかもしれません。
難しく感じても、使っていると身につきます。
それが、NLPのメタモデルです。


具体的なコミュニケーションも大切にしましょう。