HOME > NLPワーク 体験記 > DAY9~DAY10 > コーチングとカウンセリング – 卒業試験 – 2

NLPワーク 体験記

コーチングとカウンセリング – 卒業試験 – 2

アセスメントとは、コーチングを行っている人が、
クライアントの役の人にNLPのワークを行うことを指します。


このアセスメントは、まずは相手の問題を聴くことから、はじまります。


ただ、ここで注意点があることに気づきました。
その事とは、クライアント役の方が認識している問題についてです。


実際に、アセスメントをやってみると、
クライアントが挙げた問題=本当の問題ではない、
という事があります。

これは、言い換えると、
クライアント役の方が問題だと捉えてしまっている問題、と言ってもいいかもしれません。


この時に、行う必要があるのが、クライアントの問題点を深く掘り下げることです。



この問題点を掘り下げることが、うまくできるようになってくると、
クライアントの本当の問題点に気付くことができて、
本当の意味での問題を解決することができるのです。


その際に、気をつける事は、NLPのメタモデルです。

  • クライアントが削除した情報は?
  • クライアントが一般化した情報は?
  • クライアントが歪曲した情報は?


この3つの視点から、クライアントの問題点を掘り下げていきます。
そして、問題を解決するNLPワークを決定するのです。


決定したら、NLPの先生の元に行って、
クライアントの「問題点」と解決方法「NLPワーク」を伝えて、
そのプロセスが合っているかを確認します。


そして、その次に行うことは、実際のNLPワークです。