HOME > NLPワーク 体験記 > DAY5~DAY6 > 人の変化に気づく力 – キャリブレーション

NLPワーク 体験記

DAY5~DAY6

人の変化に気づく力 – キャリブレーション

NLP講座の5日目で勉強した内容です。


仕事をしていると、気付くことがあるのですが、この能力は女性の方が強いのかもしれません。


いわゆる「女の勘」も、こんな所からきているのかもしれませんね。
そんな「女の勘」を働かせることが出来るNLPのワークがあるのをご紹介しますね。


そのNLPのテクニックの事をキャリブレーションというのですが、
キャリブレーションとは、人の表情からその人の心の動きを感じ取る力の事を言います。


男性の方であれば、この力は仕事で活かせる能力であると思います。


例えば、詐欺師から自分の身を守ることもできますし、
経営者であれば、いい人を採用することができるようになってきますから。


このNLPのテクニックのキャリブレーションは、
人の表情の変化を読み取る力のことを言います。


でも、このような力って、具体的にどのように身に付けるかわかりませんよね。
その為には、普段から注意していく事しかないように思います。

ただ、NLPを勉強していると、自然とキャリブレーション力が
強くなっていくことを感じる
ことが出来ると思いますよ。


その理由としては、NLPのVAKモデルを挙げることができます。


NLPでは、五感を使ってワークを行うのですが、そのときにVAKモデルを使うと思います。


筋肉を使えば使うほど強くなることと同じように、キャリブレーションも使えば使うほど、
その力を高めることができるように、なってくるんです。


ですから、NLPのワークの中でVAKモデルを使ってみると、
その力を高めることができるようになってくる
と思います。


そうすると、自然とキャリブレーションの力が、高まっていくようになって来るんです。


わたしは、この高まったキャリブレーションを仕事で活かしています。


例えば、部下が何を感じているのかを知るときに使ったり、
プライベートで、相手が楽しんでいるかを知るときにも使います。


だいたい首の辺りから、上の部分を見ると、
その人が楽しんでいるかがわかるようになってくるんです。


楽しんでいるときには、表情が温かみを持っているんです。


これも、NLP講座に参加して、キャリブレーション能力が、
高まったことでわかるようになったことです。


NLPでいうところのキャリブレーションは、
NLPプラクティショナーコース初日と最終日では、
全く違ったレベルにいますよ。


ぜひ、参考にしてみてくださいね~。