HOME > NLPワーク 体験記 > DAY1~DAY2 > NLPの前提ってどんなもの?

NLPワーク 体験記

DAY1~DAY2

NLPの前提ってどんなもの?

NLPジャパンさんの1日目で、学んだのが、「NLPの前提」と呼ばれている考え方です。


「NLPの前提」については、
インターネットで勉強している時にも知っていた考え方の一つでした。

「そんな目新しい事なんかは、ないんじゃないの?」というのが、正直な印象だったのですが、
実際には、かなり奥が深いものでした。

NLP講座に参加したときに、この「NLPの前提」の本当の意味を知ることができました。

まずは、NLPの前提について紹介をしたいと思います。

—-NLPの前提—-

  1. 人は自分の地図(マップ)で反応していて、現実そのものに反応しているのではない。
  2. 相手のフィールドに入る
  3. 相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である
  4. 必要な資源(リソース)は全ての人が既に持っている
  5. いつでも現在可能な最善を尽くしている
  6. 全ての行動は肯定的意図によって起こる
  7. 誰かに出来ることなら、自分にもできる
  8. 失敗は存在しない、ただフィードバックがあるだけ
  9. 問題、制限とは、「チャンス」である
  10. うまくいかなかったら、別のことを試してみる
  11. 人はいつでも完全に機能しているもの
  12. 心と身体は1つの有機システムである
  13. 何も選択しないよりも何かを選択したほうが良い
—————–

こうやって並べてみて思いますが、NLPの前提って、言葉だけを並べても、
何のことだかわかりませんよね。

正直、わたしもNLP講座に参加するまでは、
知ったかぶりをしている所が多かったと思います。

例えば、NLPの前提のひとつの「2、相手のフォールドに入る」
という言葉がありますがその意味がわかりますか?

フィールドって??何?って感じませんか?
この事は、わたし自身も感じていたことでした。

そして、実際にNLP講座の中で、NLPの前提を学んでみて思ったのですが、
自分が思っている以上に、知ったかぶりしていることは多いです・・・。
何事も基本が大事と言います。


「NLPの前提」を知っていることで、NLPの基本を押さえることができると思います。

NLPを学ぶ上では、とても大事なことであるといえますね♪